« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

竜洋海洋公園オートキャンプ場

8月29、30日で、竜洋海洋公園オートキャンプ場に初めて行って来ました。

Img_2967

29日は降水確率90%という天気予報だったのですが、予想に反して一日中晴天でした。

二日目の30日は深夜から降り始めた雨が一日中断続的に降り続けましたが、どうせ撤収の日で11時チェックアウトなのですから多少の雨は問題ありません。

Img_2984

とーと&かーか家はキャンプや旅行の時、雨に降られることはあっても各工程の肝心なところではいつも雨を避けることが出来ています。

雨よけファミリーの本領発揮というところでしょうか。

詳しくはこちらでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

ウッドデッキで晩ご飯

今日は朝から雨が降っていたので一日のんびり過ごすことにしました。

午後から晴れ間も出ましたが、結局だらだらしてました。

夕飯の用意もできたころ、突然だーだがウッドデッキで食べたいと言い出しました。

それならそれでデッキでバーベキューでもやればよかったのですが、今日は普通の晩ご飯をウッドデッキで食べることにします。

Img_2836

台所から運ぶのはちょっと大変ですが、普通のご飯をウッドデッキで食べるというのもたまには良いものです。

Img_2845
だーだはデザートの梨を食べるところです。(今シーズン最後の幸水)

ランタンに火を灯してムードもあります。

涼しい風が吹き抜けて気持ちよく食事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

浜岡原子力館

夏休みも終盤に入ったが、今週の土日は雨の予報です。

天気がよければ気田川にでもデイキャンプに行こうかと思っていたんですが中止にしました。

かわりにどこか安上がりに遊べるところは無いかと探したところ、浜岡原子力館のオムニマックスシアターでポケモンの映画を上映しているではないですか。

そうと分かれば早速出かけることにしました。

夏休みの土曜日で天気が悪いとなればみんな考える事は同じで、かなりの混雑が予想されますね。

だーだのそろばん塾が8時半に終わるので、迎えに行きながらそのまま原子力館に直行しました。

方角的には浜松インターから高速に乗るべきですが、そちらに行ってはETCの割引時間に間に合いそうにありません。

Img_2748

ETC通勤割引となる9時までに高速に乗るために浜松西インターに向かい、なんとか8時50分にゲートをくぐるこことができました。

9時45分に浜岡原子力館の駐車場に到着しました。

Img_2770

10時からのオムニマックスシアター「ミラクル昆虫王国」にぎりぎり間に合いそうなので、整理券発券機まで走っていきました。

Img_2801
ここでオムニマックスシアターの整理券を発券します。

Img_2763

ついでに11時からのポケモン映画の整理券もGETしておいたので、続けて映画を見ることになります。

Img_2752

シアター入り口に行くと長い列ができていましたが、思ったよりも空いていますね。

おそらく、このあと11時からのポケモンの方はもっとすごい列になっているでしょう。

「ミラクル昆虫王国」を見終えて一旦シアターの外に出て、再度入り口に並ぶのですが予想通りポケモンの方は倍以上の行列ができています。

Img_2762

150席あるとの事ですが、とーと達はちょうど真ん中あたりに並ぶ事ができたので、まずまず良い席に座ることができました。

整理券で入場制限しているにもかかわらず、座席が無くなってしまったようで急遽スチール椅子を準備していました。

おそらく整理券無しでもぐり込んだやつが居るのだろう、けしからん。angry

ポケモン映画はストーリーはたいしたこと無かったが、大画面のオムニマックスシアター用に製作されたもので迫力ある映像が楽しめました。

Img_2802

映画を見終えると昼近くになっていたので休憩室でお弁当を食べることにしました。

Img_2769

ちょうどどこかの子ども会の集まりで椅子とテーブルが空いていなかったのですが、ちょうど食べ終わるころだったので一箇所場所を譲ってもらって座って食べることができました。(席を譲ってくれた女の子、ありがとうnotes

お昼を食べ終わり午後からは展示物を見て回りながら「ユウユウを探せ」という、館内などに隠れている「ユウユウ」をいくつ見つけて行くスタンプラリーみたいなやつをやりましたた。

Img_2810
こんな顔のマークのシールを探して周ります。

見つけた数によって景品が変わるようですが、最低6個見つければ何かもらえるようです。

全部で30個あるらしいのですが全部見つけられた人はいるのでしょうか。

Img_2771

館内を遊びながらいろいろなところを見て回ります。

Img_2781

Img_2787

展望台にもいくつかシールが貼ってありましたが違うマークばかりでした。

駐車場のすぐ近くにある新エネルギー館の方にも行き、ユウユウのシールを探しながらいろんなゲームをして遊びましたよ。

Img_2807

ここは前回来た時には工事中だったところなので、今回初めての場所です。

こちらにはゲームをクリアすると景品がもらえるものや、写真入のポストカードが出てきたりして、ちょっと趣が変わった展示物が多かったですね。

Img_2811

だーだとけんぴは最終的に16個見つけてボールペンと下敷きをもらう事ができましたが、パーフェクトの景品は何だったんでしょうか、気になりました。

景品をもらった後もまだまだ遊びます。

前に来た時には無かったパネルクイズをやってみました。

Img_2815

自分たちがパネラーになって前の大画面にも自分たちの顔が映し出されます。

Img_2821

だーだもけんぴもとーとやかーかの回答を見ながらやっているので、クイズの正解数は4人ともまったく同じでしたがスイッチを押すまでの時間が考慮されるために順位はとーとやかーかよりも下でした。

テレビでやっているようなクイズと同じ形式で、なかなか面白かったですね。

帰りに駐車場に向かって歩いていて気が付いたのですが、以前あった風力発電の風車が無くなっていました。

Img_2827
たしかこのあたりに風力発電の風車があったはずですが

老朽化でしょうか、クリーンエネルギーのシンボルだったですが再建はしないのでしょうか。

帰りはのんびりと国道150号線を走って帰りました。

来週来る竜洋海浜公園オートキャンプ場の近くの掛塚橋を渡ります。

Img_2832

この橋、以前は有料だったのですが今となっては信じられませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

スイカの実が生る

7月上旬に庭で子供たちとスイカを食べながら種飛ばしをしながら

「このスイカの種から芽が出るよ」

と子供たちに言ったらその気になって一生懸命花壇に種を植えていました。

Img_2734

芽は出ても実は生らないだろうと思っていたが、どんどん成長してなんと二つのスイカの実が膨らんできていました。

まだ3~4cm程度ですが順調に育っている様子です。

Img_2732

大きく育って欲しいが、美味しくなってもらうためにせっせと肥料をあげなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

南知多ビーチランド

とーとの夏休みも後二日で終わります。

毎年そうなのですが、盆休みも後半になると梨の収穫の手伝いの方も一息つくので子供たちを遊びに連れて行くことが出来るようになります。

今年は知多半島にある南知多ビーチランドに行くことにしました。

以前、盆休みに名古屋港水族館に行ってめちゃ混みで大変な目にあったことがあるのですが、今回もその再現かと覚悟して出かけました。

Img_2686

朝7時半に出発し、10時ごろにはビーチランドに到着する予定です。

Img_2689

浜松西インターから東名高速に入りましが、さすが盆休みだけあり大型トラックが一台も走っていないので、実に走りやすいですね。

高速料金をケチるために、岡崎インターを降りて衣浦海底トンネルを通っていく予定です。

岡崎から海底トンネルまでは途中、田園地帯を通ります。

Img_2699

ここら辺は東洋のデンマークと呼ばれる安城に近く、農業が盛んな地域なんですね。

途中、コンビニでお昼の弁当を買って行きました。

Img_2701

このミニストップは最近引っ越したようで、ナビの案内とは少し違った場所に店があったので戸惑ってしまいました。

ここから衣浦海底トンネルまではあとわずかです。

いよいよ海底トンネルの入り口が見えてきました。

衣浦海底トンネルは1973年(昭和48年)日本初の沈埋式海底道路トンネルとして開通した三河湾の海の底を通るトンネルです。

2003年(平成15年)3月19日には新トンネルが開通し、衣浦トンネルに名称変更され4車線での供用開始されたらしいですよ。

Img_2706

距離は1.7kmと短いですが、海底トンネルと名が付く道を走るのは初めてなのでドキドキします。

Img_2708

トンネルに入って間もなく、距離が短いのであっという間に出口が見えてきました。

トンネルを出たところは碧南市です。

いよいよ知多半島に入ってきて、ビーチランドまでは20分ほどです。

車を快調に走らせていると、かーかが「武豊(タケユタカ)って名前が付いた物が多いね」と言い始めました。

見ると、確かに武豊役場とか武豊駅とか「タケユタカ」だらけです・・・・・・。

Img_2714

実はこれ「タケユタカ」ではなく「タケトヨ」という地名なのです。

かーかに教えてあげると、納得していたが、たしかに紛らわしい名前です。

しばらく車を走らせると南知多ビーチランドに到着しました。

Img_5005

予定通り10時ごろに着きましたが、すでにビーチランドの駐車場は満車で、民間駐車場に停める事になりました。

駐車料金は500円と、ビーチランドの駐車料金と同じなので全く問題ないですけどね。

Img_5007

チケット売り場の行列は思ったほどでもなく、ちょっと並んだだけで購入することが出来ました。

入場するとすぐに10時30分からのイルカ・アシカショーが始まるというので早速見に行く事にしました。

Img_5014

すでに満席だったのですが、一番端っこの階段部分が空いていたのでそこで見ることにしました。

まず登場したのはマーちゃんとチーちゃんという2頭のアシカです。

Img_5026

この2頭は芸歴20年の大ベテランらしく、落ち着いた演技?で観客を楽しませてくれました。

Img_5020

Img_5037

続いて登場したのがバンドウイルカとハナゴンドウイルカとカマイルカの4頭です。

毎年色々な水族館でイルカのショーを見ているのでとーとはイルカの種類を覚えてしまいました。

Img_5052

他の水族館では同じ種類のイルカたちだけで芸を披露するのですが、このように3種類のイルカ達がまとまってジャンプをしたりするのは初めて見ます。

イルカ・アシカショーが終わり、大水槽があるアクアリウムという建物内を見て回りました。

Img_5136

一応エアコンが効いていて外にいるよりも涼しいのですが、人が多いのでやはり汗だくになってしまいますね。

屋外に出るとペンギンプール、ウミガメプール、アシカプール、トドアザラシプールなどがありました。
ちょうどアザラシやアシカにタッチや、ペンギンなど餌をあげたりすることができる「ふれあいカーニバル」の時間でしたねぇ。

Img_5152

もう時間が残り少なくなっていましたが、だーだもけんぴもペンギンの餌やりを体験することが出来ました。

けんぴはだーだと別行動している間にゴマフアザラシにも触る事ができましたよ。

11時半を過ぎたので、12時半からのイルカ・アシカショーを見るための場所取りを兼ねてイルカスタジアムの観覧席でお弁当を食べることにしました。

10時半からのショーは階段の立ち見だったので今度は最前列に陣取りました。

しかし、前の3列はイルカたちのジャンプでしぶきがかかるので覚悟が必要な席らしいですねぇ。

Img_5268

昼食を終えた頃には再び満席になっていました。

Img_5171

ショーが始まったがアシカのショーは午前中と全く同じ内容でしたが、立ち見席では良く見られなかったシーンも良く見ることが出来ました。

Img_5187

イルカショーの方は、先ほどの3種類4頭のオスのイルカたちのショーでしたが、今度はメスのバンドウイルカ4頭によるショーです。

Img_5204

最前列からはイルカのジャンプも目の前で見ることが出来て迫力がありますよ。

そうしてショーも後半になった頃、「前のほうの席の方は荷物が濡れないように気をつけてください」と説明をした後、合図とともにイルカ達が尾びれを使って観客席に向かって水を掛けてきました。

Img_5261

水しぶきなどと言う易しいものではないですよ~。

バケツの水をぶちまけたようなしぶきで、みんなびっしょりになってしまいました。

他のイルカショーではここまで水がかかることは無いですが、これも夏場だけのビーチランドの売り物らしいです。

Img_5265

子供たちはびっくりしながらも大喜びでしたよ。

2度目のイルカ・アシカショーを見終えて、もう一度触れ合いゾーンを回りました。

Img_5304

ペンギンプールではガラス越しにペットボトルクーラーの黄色い紐にじゃれつくペンギンたちと遊んだりしていました。

Img_5321

アシカにタッチの時間にはアシカにも触る事が出来ましたが、触った手の匂いをかいでみると・・・

「くさいwobbly

犬臭さにさかなの生臭さが混ざったような匂いがするんです。

犬と共通の匂いを持っているとはさすが哺乳類ですね。

ウミガメプールではさっきは売り切れていた餌が置いてありました。

3匹100円なので、餌やりをやってみることにしました。

Img_5382

餌やりと言ってもトングで魚を掴んで水槽にポトリと落とすだけなのでが、海がめが餌欲しさにぞろぞろ集まってくる姿はなかなか見られないものですよ。

イルカホールに行ってみると、冷房が効いた涼しい室内でイルカの水中の様子が観察できるようになっていました。

Img_5329

ちょうどイベントが始まる時間だったので、そのまま座席に座って始まるのを待っていました。

今日のイベントは「イルカのお話」というもので、イルカの体の事などをテレビや、水槽内のイルカを使って教えてくれるというものです。

オスとメスの見分け方や、耳の場所など知らないことをたくさん教えてくれました。

また、クジラとイルカの区別は体長が4mを超えるものをクジラ、それ未満のものをイルカと呼んでいるだけで基本的には同じ種類の生き物だということを教えてもらいましたよ。

Img_5340

また、水槽内でイルカがう○ちをする瞬間を観察できたのは初めてで、良いもの?を見ることが出来ました。

Img_5344

Img_5347_2

イルカに身振り手振りのサインを出すとジャンプをしたり、回転をしたりするのですが、飼育員以外の人がサインを出してもちゃんとジャンプをしたのにはびっくりしました。

Img_5356

イベントが終わった後もイルカが水槽越しにこちらの様子を伺っていて、子供たちが手を振るとそれに興味を示していますよ。

涼しかったイルカホールを出てかき氷を食べました。

Img_5372

暑い日なのでかき氷を買うのにも行列が出来ていましたが、今日はかなりの売上でしょうねぇ。(店員が札束を数えているのが見えました)

ビーチランドエリアをひと通り見終えたので、今度はおもちゃ王国えりあに行ってみることにしました。

Img_5388

こちらは、入園料以外にも出費がかさむエリアなので極力時間を短く済ませたいです~。

まずはとーとの希望もあり観覧車に乗ることにしましたが、かーかは勿体無いと言って乗らずにとーとと子供たちの三人で乗ることになりました。

Img_5394

「観覧車に乗ってセントレアを見てみませんか?」

っていうPOPにつられてとーとは観覧車に乗りたくなったんです。

そういう意味で、あのPOPの作戦にまんまとはまったわけですねぇ。

Img_5399

海の向こうにはっきりとセントレアが見えました。

Img_5410

観覧車を降りると、サイクルモノレールに乗りたいというので今度はとーと&だーだチームとかーか&けんぴチームに分かれて2台のサイクルモノレールに4人で乗る事にしました。

もっとも、けんぴは一人で乗ることが出来ないのと、だーだもひとりでは嫌だというので仕方なく4人でのることになったのですが・・・・coldsweats01

Img_5426_2

有料の乗り物はこれくらいにして後はお金のかからないパビリオンに移動しました。

ここは屋内で冷房も効いているし、いろいろな遊びがすべて無料でできるので助かりますよ~。

だーだとけんぴは、お絵かきや文字遊び、磁石遊び、ボール落としなど遊びながら、物の原理が学べる知育おもちゃが大集合している「まなびのハウス」で知育ゲームにハマって2時間近く遊んでいました。

Img_5429

Img_5440

親のほうも涼しくて助かりましたが、そろそろ帰る時間が迫っても一向にやめる気配が無いですねぇ。

何度も説得してやっと終わることが出来、お土産を買うために売店に行きました。

Img_5453

子供たちは自分たちの土産としてしゃぼん玉機を買って、今日帰ったらやってみるといっています。

家に着くのは8時過ぎだろうから今日はちょっと無理なのですが、はりきっていましたよ。

Img_5478

ゲートを出た時には5時を過ぎていたので、駐車場もガラガラになっていました。

Img_5487

夕食は途中で食べていこうということになり、ビーチランドを出てすぐのところにあった「灯台うどん」という店に入りました。

Img_2717

子供たちは「お子様海老天うどん」、かーかはミニ丼せっと、とーとはせっかく名古屋方面に来たのだからと味噌カツ定食を頼みました。

Img_2719

子供たちがお子様用のおもちゃを選んでいると、じきに味噌カツ定食が出てきました。

Img_2721

浜松で食べる味噌カツに比べてうどんも含め味が濃い目で、かーかはちょっとしょっぱすぎると言っていたましたが、とーとにとってはちょっとしょっぱいかな?程度で、逆に学生時代の学食の味がして懐かしく感じました。

Img_2726

子供たちはふざけていてなかなか食べ終わらなかったのですが、ようやく食べ終え店を出た時には6時20分になっていました。

Img_2729

来た時と同じ道を通って帰り、9時前に無事自宅に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

ウッドデッキ手洗いシンクスタンド部扉取り付け

ウッドデッキ上の手洗いシンクのスタンドを物入れとして使用する為に、扉を取り付けました。

1×4と1×1材をつかって扉を作りましたが、1×4材が少し足らなくなってしまいましたねぇ。

材料を探し回っていたらガーデンシェッドの扉が一部壊れて1×4材が外れてしまっている所が有りました。

その材料がちょうど今回の扉に使えるサイズだったのでガーデンシェッドの修理は後回しにして、その材料をシンク下部収納扉の方に使ってしまいました。

Img_2674

蝶番や取っ手は手持ちの部品を使いましたが、ちょうど茶色の物があったので見た目も良い感じになりました。

Img_2673

後はオイルステインを塗らなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

フルーツパーク都田川水遊び

今日はお盆で梨の収穫はお休みです。

朝から川へでもと考えていたのですが、とーとが会社の急用で昼前から2時ごろまで出かけることになってしまいました。

仕方が無いので近場のフルーツパークの都田川水遊びに出かけることにして、かーかと子供達だけ先に行っていることになりました。

とーとは用事が済み次第フルーツパークに行き、現地で落ち合うことにしたんです。

ちょうど甥が遊びに来ていたので子守に一緒に行ってもらったので、とーとがいなくても大丈夫だったようです。

用事を済ませ、フルーツパークに行ってみるとあまりの暑さのせいなのか思ったよりも空いていますね。

Img_4952

もっとも、川遊びと、その入り口近くにあるデイキャンプ場だけは大盛況です。

とーとも早速水着に着替えて川に飛び込みました。

Img_2603

ここの川の水はあまりきれいとは言えないのですが、流れが緩やかで小さい子供が遊べる浅瀬から、大人が飛込みまで出来る深いところまであり、且つ家から近いということもありとーと&かーかファミリーにとっては絶好の遊び場です。

今日も安価に水中写真が撮れるディカパックを持って行ったので、普通のカメラでは撮れない、こんな写真を撮る事ができました。

Img_2610

水中写真は水の濁りのせいでうまく写せませんでしたが、川遊び解禁の日に比べて更に水が濁っていたようです。

Img_2659

家のウッドデッキでビニールプールの水遊びが大好きな二人ですが、やっぱり広い川で遊ぶ方が楽しいようですね。

Img_4993

子供たちはスライダーをやりたいからプールに連れて行けとうるさいのですが、とーとがプールよりも川が好きなのでなかなか行く機会がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

梨収穫手伝い

7月の9連休に続き、とーとの夏休み第二弾8連休が始まりました。

しかし、毎年の事だが8月の連休は梨の収穫の最盛期となるために大半がその手伝いのために費やされるのであまり遠くには遊びに行けないんです。
Img_2680

Img_2679

子供たちも毎年の事なので判っていてグズグズ言わずに二人で仲良く遊んでいてくれるので助かりますよ。

Img_2684

Img_2676

今年は天気が良い日が多く、甘くて美味しい梨がたくさん実りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

ヘラクレス・ヘラクレス幼虫マット交換

 6月の終わりにマット交換したときに56gあったBiGなヘラクレスの幼虫マットの表面にフンが目立つようになってきました。

 一ヶ月ちょっとしか過ぎていないのですが、マット交換をすることにしました。

 マットごとケースの外にほじりだして見ると・・・・・で、でかい。
Img_2601

 早速体重チェックしてみると70gと1ヶ月ちょっとで14g増えていました。

 ほぼ1ヶ月に10gのペースで体重が増えていることになりますね。

 めざせ160mmUP!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

つぐ高原グリーンパークオートキャンプ場

 今回は8月2日、3日、4日の2泊3日でつぐ高原グリーンパークオートキャンプ場に行きました。

Img_2545

 ファミリーキャンプでは初めての2泊です。

 そのため食料品や飲み物もいつもより多めに準備したりしていましたが、せっかく準備した食料品を忘れてしまったりと失敗もありました。

 更に、子供たちが飽きてしまわないように、川遊び、釣り、天体観測、花火、茶臼山高原でリフト、ボート乗り、温泉めぐりなどなど、イベントをたくさん計画しました。

Img_2312

 天気も良くあっという間に楽しい3日間が過ぎ、子供たちはもっと泊まりたいと言っていました。

Img_2329

Img_4940

 また、スノーピークリビングシェルのフィールドデビューでもありましたが、何とかうまく設営することが出来ました。

 詳しくはこちらへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »