« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

ヘラクレス・ヘラクレス急成長

100均で買ったタッパーに入れて育てているヘラクレス・ヘラクレスオオカブトの幼虫がフタを食い破りそうなので、慌てて容器を交換しました。

こいつは前回の体重測定の時に45gで、一番大きなやつです。

Img_1933_2 タッパーから出してみると恐ろしく大きくなっていますね。

かーかに見せたところあまりにもグロくて、気を失いそうだと言っているくらいですよ。

体重を量ってみると56gありました。

わずか一ヶ月の間に11g体重が増加して、順調に成長しているので、150mmオーバーのビッグサイズを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

小学校の松の大木突然倒れる

今日はだーだの小学校の家族参観日。

朝から雨が降っているのでじーじに車で小学校まで送ってもらいました。

そして小学校の北側の裏門から入ったとたん、「バリバリバリバリ」と大きな音とともに地響きがしました。

雷でも落ちたのかと思ったのですが、良く見ると校庭に生えている大きな松の木の枝が突然折れて校庭の遊具の上に倒れ落ちた音だったんです。
Sbsh00771

目の前で起きた惨事に、とーと、かーか、けんぴは唖然としてしまいました。

だーだの教室に向かうのをちょっと中断して事故が起きたばかりの現場を見に行くことにしました。

Sbsh00791

近づいてみるとかなり太い松の木の枝が裂けるように折れてしまい、鉄で出来た遊具をへし曲げて寄りかかった状態になっているではないですか。

Sbsh00811

遊具に人がいたら大惨事になっているところでしたが、授業中でなおかつ雨が降っていたので遊んでいた子供はいなかったようなのでけが人が出ずに済みました。

その音を聞きつけて校長や先生たちが様子を見に来ていました。

参観会の帰りには現場はビニール紐で囲われ、立ち入り禁止にしてありましたが、校庭には他にも大きな松の木が沢山あるのでそれらの木の点検もしてくれたんでしょうかねぇ。

Sbsh00841

けが人が出なくて本当によかった。

校長、他の松の木の点検も必ず行ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

イワタニジュニアランタン定番フロストホヤ

 テーブル用ランタンとしてイワタニCB-90を使っていますが、透明ガラスホヤの為にちょっとまぶしいですね。

Img_1700

 前回のキャンプで手造りのメッシュホヤを使ってみましたところ、多少軽減されましたがやはりまぶしさはあまり変わらなかったです。

 フロストホヤのランタンに買い換えようかとも考えましたが、カセットガスを使用するランタンではフロストホヤタイプの小型ランタンは見当たらないですねぇ。

 やはり定番のイワタニジュニアランタンCB-JRL2+プリムスフロストホヤIP-8881しかなさそうです。

 早速、楽天で最安値のショップを探したところ、 ★イワタニジュニアランタン★ ★でんKING★ で、フロストホヤは ★Sportsman楽天支店★ で、それぞれポチしておきました。

 ところがジュニアランタンの方は在庫がありすぐに届いたのですが、フロストホヤIP-8881の方はメーカー在庫が切れていて今シーズンは入荷予定が無いとの回答があり、「代替商品を探してみましたが手頃な商品が見つかりませんでした、注文をキャンセルしますか?」という内容のメールが届きました。

 仕方なくキャンセルして別のWEBショップで注文をしてみたんですが、同じように在庫が無いという返事が返ってきちゃいました。

 このショップのひどいのは在庫が無いという理由で一方的にキャンセルされてしまったことです。

 3度目の正直で今度は ★好日山荘WEBショップ★ に在庫の有無を問い合わせてみたところ、1個だけ残っているという回答が来ました。

 金額は特に安くは無かったんですが、貴重な在庫品と言うことで迷わず注文をしておきました。

 全体的に品不足の中、貴重なひとつを手に入れることができたましたが、これらを購入する人のほとんどがイワタニジュニアランタンへの取り付けなんでしょうかねぇ。

 これらがすべて在庫切れだった場合には、少々高くなりますが同じく互換性があるという情報がある キャンピングガス モンブランホヤ を購入してみるつもりでした。

でもプリムスのフロストホヤが有って助かりました~。
 (キャンピングガス モンブランホヤの互換性について正確な情報がありましたら教えてください)

 今日、その稀少な プリムスフロストホヤ がようやく届いたので早速装着してみました。

Img_1770

Img_1777

 本当にサイズがぴったりです。

Img_1776

Img_1778

 同じイワタニが取り扱っているのに、なぜ正式オプションとして販売しないのか不思議なくらいですが、一応自己責任でということになります。

 カセットガスは大きなタイプでも使えるのですが、せっかくのコンパクトな本体の特徴を生かせるようにイワタニカセットガスJrも購入しました。

Img_1779

 安物のガスと比較はしていないですが、フロストホヤにより眩しさが無くなり、すてきな夜を過ごすことができそうですよ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

ガイアホーム自己破産の真相は?

ガイアホーム自己破産の真相は?

こちらにいろいろな書き込みがありますが、結局は真実は見えてきません。

破産原因はもちろん経営者に責任があると思いますが、本当にガイアホームはどこにも負けないよい家を造っていたのでしょうか?

だとすると、とーと&かーかの家はガイアホームの中でも特別にトラブルが多い家だったのでしょうか?

施工不具合を挙げると

1.基礎鉄筋かぶり厚不足による基礎やり直し。(施主の指摘による。 基礎屋の無知による施工不良であるが、現場監督も全くノーチェックであった。)

2.土台継ぎ手部にアンカーボルト穴が明けられていて土台やり直し。(上棟直前、施主の指摘によるが、ガイアホームとしては標準的な施工方法であり、施主が不安ならやり直しますという程度の考え方だった。)

3.24時間換気システム配管ミスにより2年以上正しく換気されていなかった。(施主の指摘により改修工事実施)

4.バルコニー部排水ドレン施工不良により雨漏り。 それにより天井までシロアリが上がる被害発生。(当初しっかりと原因究明をせずにクロスだけ貼り代えて様子を見ると言い出しあ、うやむやにされそうになった)

重大不具合だけでもこれだけ挙げられます。

このような不具合は拙宅だけで起っていたのでしょうかねえ?

ガイアホームがまだ比較的安い値段でよい家を建てていた頃の話ですが、このような不具合を知らずにいるお宅は多いのではないかと思います・・・。

低コストで家造りをしようとしてこのような欠陥住宅を呼び込んだということも言えるのでは無いでしょうか。

本当によい家を建てようとしたらそれ相応のコストはかかってしまいますから、

「金持ち相手の商売=本当によい家造り」

という図式も見えてきます。

林社長が本当に良い人であったのならば、経営方針の実戦部隊との意見の食い違いの真相がそうであったと思いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月21日 (土)

100均たこ焼きプレートの実力

 たこ焼きプレートを欲しくて探していましたが、100均で税込み315円の鋳物製プレートを発見したので早速購入しました。

Img_1766

 しばらくすれば飽きてしまい使わなくなる可能性のある物なので、この程度の金額であれば惜しみなく購入できるんです。(^^ゞ

 さび止めの黒塗装がしてあるので、空焼きしてしまいます。

 そうしてダッチオーブンと同じ要領でシーズニングを行い油をしみ込ませた状態にします。

 早速、試し焼きをしてみましたが、最初のうちは火が弱すぎてうまく焼く事が出来ず、クルリと回転させることが出来ませんでした。

 第二弾はこげを恐れず強火で焼いてみたらかえってうまく焼けて、テキヤのように串でクルリと回転させることが出来ましたよ。

Img_1764

 たこ焼きとは言っても中身はタコではなく冷蔵庫に有ったソーセージとチーズなんですが、思った以上に美味しく出来ました。

 ただ、安物の鋳物のせいなのか12穴あるうちの両端の6穴は、あまり火力が届かなくて上手に焼けないのに、真ん中の6穴だけはちょうど良い熱加減でうまく焼く事が出来るんです。

Img_1763

 コンロがツーバーナーのせいだったのかも知れないですが、315円のたこ焼きプレートでも十分おいしいたこ焼きを作ることができて満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

うるぎ星の森オートキャンプ場

Img_17081_2   6月14、15日で今年初のお泊りキャンプに行ってきました。

 長野県にある、うるぎ星の森オートキャンプ場です。

 梅雨時のキャンプなので雨を覚悟していましたが、予想に反して梅雨の中休みとなって天気には恵まれました。

 友人家族と二家族でのキャンプだったので子供たちも遊び相手がいて楽しく過ごせたようです。

 スノーピークのアメニティドームのデビューでもあったので、雨に降られず良かった~。Img_1679

 それに、夜の気温が7度まで下がったので20年前の古いテントではきっと寒かったでしょうが、アメニティードーム内の温度は14度有り、寒くなく気持ちよく寝ることが出来ました。

 二日間とも温泉に入り、ゆっくり過ごす事ができましたよ。

 詳しくはこちらでどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

国産カブト二匹目オス這い出す

 ビンで個別に大事に育てた国産カブトのオスのもう一匹が這い出してきていて、一匹目と同様にビンの口元で挟まっていました。

 こうなることを予想してこまめにチェックしていたから大丈夫なのですが、それでも丸一日こうして挟がっていたかもしれないのでかわいそうでしたねぇ。。

 一匹目と同様に大きなサイズなので、ワクワクしながら体長を測ってみましたよ。

Img_1621

 動くのでうまく測れないが、80mm前後あるようです。

 羽化したメスがまだ這い出て来ていないのですが、メスもかなり大きなサイズなので次世代では85mmが出てくれるように期待しちゃいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

ギラファノコギリクワガタ♂を引きずり出す

 羽化したギラファノコギリクワガタの雄の体長を測ってみたいのですが、まだまだ蛹室から出てくる様子は無いですねぇ。

 まだ白っぽかったキバの付け根も茶色く色付いたので、我慢できずに引きずり出してしまいました。

 だーだの希望もあったのだが、とーとも早く全容を見てみたかったんです。

 キバの長さからみても、あまり大きなサイズは期待していなかったんですが、実際に測ってみると72mmありました。

Img_1615

 ギラファにしてはかなり小ぶりですが、初めて幼虫から育てて羽化したギラファなので無事成虫になってくれただけでもうれしいです~。

 だーだも「ヘラクレスのほうが好きだ」と言いながらも、うれしそうにしていましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

ウッドデッキメンテナンス

ウッドデッキ完成から1年が過ぎ、雨にさらされやすい場所がハゲてきましたねぇ。

材料そのものには着工時にオイルステインを塗ったきりなので実際には1年半ぶりの塗装と言うことになります。

もう少し早めにメンテしたかったんですがいろいろな行事が入ったりして、なかなかできずにいるうちに入梅してしまいました。

でも、今日は朝から天気が良く、明日も雨は大丈夫そうです。

このチャンスを逃してはならないと思い、早朝からオイルステインを塗ることにしました。

Img_1618

塗料はウッドデッキ製作時に購入した和信のガードラックを塗りますが、1年以上ほったらかしになっていたので心配でしたが特に問題はありませんでした。

いつものように子供たちのお手伝い攻撃にあいましたが、しばらく手伝ってくれた後、飽きてしまって無事どこかに遊びに行ってくれました。
 やれやれ。

追記
 月曜日の朝から雨になり、見事に雨水をはじいてくれていました。
Img_1620

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

ガイアホーム自己破産により被害を受けた方々へ

ガイアホームの自己破産により、心身ならびに金銭的に痛手を受けた人達は数多くいると思います。

そんな人達にお詫びをしなければならないことがあります。

ガイアホームの自己破産と直接的には関係ありませんが、とーと&かーかの家造りの過程と、完成後のトラブルに関して公表していない内容が多々ありました。

それらの内容を見て、中にはガイアホームとの契約をやめた人もいたかもしれません。

ガイアホームのオーナーとしては、悪評がきっかけで倒産でもされたら自分も困ってしまうという思いでした。

こうなることが最初から判っていたら信じられないような施工ミスや、ガイアホームの対応の悪い部分もすべて公開していたのですが・・・・。

手遅れなのは判っていますが、今後の家造りの参考になるかと思いますのでいまさらながらUPしていきます。

さしあたって最近発生した瑕疵(雨漏り)に係わる出来事で伏せてあった内容を公開しました。

続・え゜~雨漏り?

雨漏り対策完了その後

シロアリ出現

シロアリ確認工事日程調整

シロアリ被害判明

シロアリ駆除業者による確認

雨漏りに端を発したこれらの出来事によりガイアホームの内部事情の悪さの一面を見ることが出来ました。

このころはすでに追い込まれていたのでしょうね。

いずれ建築中に起こった信じられないような出来事も公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

ギラファノコギリクワガタの雄、羽化

昨日確認した時に白かったジャワギラファの蛹の一部が茶色く変色していたので、羽化が近いと思っていたら今日ついに成虫になっていました。

Img_1609

サイズがかなり小ぶりのためにギラファノコギリクワガタの特徴であるキバの突起はかなり小さいですけどね。

それでも紛れもなくギラファノコギリクワガタです。

先日羽化したメスと仲良くしてもらい、次世代にビッグサイズを期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

タープをひとりで張れる?

ネットでタープをひとりで張る方法が紹介されていました。

さっそく庭でひとりでやってみることにしました。

タープのサイズさえ把握しておけば、いとも簡単にひとりで設営することが出来ました。

Img_1605

しかし、この方法は風が強い場合には使え無いし、何と言っても手があるのならば2名で設営したほうが間違いなく楽です。

ソロキャンプなどの予定も無いので必要ないかもしれないですが、知識として覚えておいても損は無いかも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »