« 浜松フルーツパーク、デイキャンプ | トップページ | ウッドデッキでバーベキュー »

2008年5月11日 (日)

国産カブト羽化成功

カブトやクワガタ達が続々と蛹になっています。
最初に蛹になった国産カブトがそろそろ羽化する頃だろうと思いしばらく前から毎日チェックしていました。

4月20日に蛹になったのでちょうど20日経過している今日の朝確認してみると羽化していました。

Img_1482

しかも80mmを超えていそうなBigサイズのオスです。

すでに羽が茶色くなっているところを見ると夕べの早い時間に羽化したものと思われますが、白い羽を見ることが出来なくて残念です。

他の瓶詰めの国産カブトも一匹蛹になっていますが、これもかなりサイズは大きそうです。

冬になっても暖かい室内で育てていたのでいつまでも餌を食べていたせいでしょうか?

コクワの幼虫もチェックしてみると蛹になっているものを確認できました。

Img_1488

カブトムシに比べると小さくて可愛らしいですが、立派な牙がある紛れも無いオスのコクワガタですね。

菌糸ボトルに投入してあるオオクワガタもどうやら2匹とも蛹になったようです。

Img_1484

だーだが名づけたサクワバガタシはボトルの側面の見やすいところに蛹室を作ったのではっきりと様子が見えますが、けんぴが名づけたクカの蛹室は中がちょっと見難くて様子が判りにくいのですがどうやら2匹とも蛹になったようです。

Img_1485

しかしクカのほうはお尻が茶色のようにも見えるので、すでに羽化しているようにも見えるのですがもうしばらく様子を見ることにしました。

しかし予想外の展開もありました。

Img_1493

今年の秋ごろに蛹になるのでは無いかと思っていたジャワ産ギラファノコギリクワガタが超ミニサイズのまま蛹化してしまったのです。

マット交換しようとして掘っていったらすでに蛹室を作り前蛹状態でいたので慌てて掘るのを中断してそのままそっとしておいたので、蛹の様子がはっきりと判ります。

Img_1494

一匹はメス、もう一匹はオス、もう一匹は中の様子がわからず状態は不明ですが、おそらく同じく蛹になっているような予感がします。

えさ不足のためにさっさと蛹になってしまったのでしょうか、90mmサイズを期待していただけにガッカリです。

幸いにもペアになってくれたのでペアリングして次の代に期待したいですね。

しかし、2~3週間後には羽化ラッシュになりそうなので、さらに後食が始まる6月後半からは成虫だらけになることが予想できますね。

楽しみですが、えさ代もちょっと心配です。

|

« 浜松フルーツパーク、デイキャンプ | トップページ | ウッドデッキでバーベキュー »

カブト・クワガタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442309/20906029

この記事へのトラックバック一覧です: 国産カブト羽化成功:

« 浜松フルーツパーク、デイキャンプ | トップページ | ウッドデッキでバーベキュー »