« 国産カブト蛹になる | トップページ | スキレット購入 »

2008年4月25日 (金)

ツーバーナー新調

15年以上使っているツーバーナーの調子が悪く、時々ボンベの接続部から火が出ていることがあるんです。

Img_1349

おそらく錆びてガス漏れしている所にバーナーの火が引火しているのでしょう。

その場にいて気が付けば良いのですが、その場を離れている時にそんなところから火が出ているとボンベが加熱されて最悪爆発の危険がありますねぇ。

長年使って十分元を取ったので安全のために新しいツーバーナーを購入することにしました。

いままで使っていたのがイワタニのカセットボンベを使用するCB缶タイプで、ランタン、シングルバーナーなどもすべて同じボンベを使えるように揃えてあるので今度も同じタイプを購入しました。

Img_1346

メーカーはイワタニから新富士バーナー(SOTO)になりましたが、同じCB缶を使用することが出来ます。

Img_1347

ちょっとサイズが大きくなり収納に場所をとるようになってしまいましたが、これしか店頭では売っていないので妥協せざるを得なかったんです。

ネットで調べてみても選択肢は少なく、ST-525の金額も地元のスポーツ用品店と変わり無いですね。

スポーツ用品店の割引券を持っていた事もあり、最近では珍しくこの手のものをネット以外で購入しました。

店から帰り、新しいツーバーナーで早速ダッチオーブンを使った燻製を作ってみました。

Img_1353

今日は魚肉ソーセージ、ウインナーソーセージ、アジの開きをリンゴの木のチップで燻してみることにしました。

Img_1358

アルミ箔の上に燻製チップを入れてバーナーで30分ほど燻すだけでおいしそうなあめ色に染まりましたよ。

かーかが夕飯のおかずにちょうど良いと言って喜んでいました。

出来立てをつまみ食いしてみたら、まだちょっと煙臭かったですがおいしく出来上がっていました。

ツーバーナーは、キャンプだけでなく自宅のウッドデッキでのアウトドアキッチンで使用するため以前に比べて使用頻度が多くなってきましたねぇ。

|

« 国産カブト蛹になる | トップページ | スキレット購入 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442309/20622778

この記事へのトラックバック一覧です: ツーバーナー新調:

« 国産カブト蛹になる | トップページ | スキレット購入 »