« 続・え゜~雨漏り? | トップページ | 花壇フェンス交換完了 »

2007年10月13日 (土)

オオクワガタ幼虫、菌糸ボトルに投入

 9月2日に竜洋昆虫自然観察館のイベントで購入したオオクワガタの幼虫を菌糸カップから菌糸ボトルに餌を交換しに行って来ました。
Img_0871 
 だーだの幼虫”サクワバガタシ”は食痕がたくさん見られて元気に育っていることは判っていましたが、けんぴの”クワタ”はカップの底に少しだけ食痕がみられたきり、活動している様子が見られなかったので☆になっていることはあるていど覚悟していましたが・・・。
Img_0864
 ”サクワバガタシ”の方は今日見てみると、カップの側面から大きくなって元気に活動している姿が確認できました。
 ”クワタ”の方は相変わらずまったく変化が無いですねぇ。

 竜洋昆虫自然観察館でカップを開けて確認してみると、びっくりするほど大きくなった3令の”サクワバガタシ”が出てきました。
Img_0873
 観察館の係りの人に確認してもらうと、お腹のところに黄色い物がふたつ透けて見えるからメスだということです。

 ”クワタ”のカップを開けてみると予想通り少しだけ成長した段階で死んでしまったようで、溶けてなくなっていました。
 ここの教室で購入した幼虫は特典として死んでしまった場合には新しい幼虫に取り替えてくれるんです。
 ”サクワバガタシ”がメスだったので、出来ればオスが良いのですが交換してくれる幼虫もカップに入った状態なので開けてみてのお楽しみです。
Img_0878
 けんぴが選んだカップを開けてみると大当たり、オスの幼虫が出てきてくれました。
Img_0877_3
 二匹とも新しい菌糸ボトルに入れると元気良く、あっという間に潜っていきました。
 新しいボトルにも名前と日付を書いておくのですが、”サクワバガタシ”と書いてしまってから「メスなのにこの名前でいいの?」とだーだに聞いたらちょっと苦笑いしていました。
 けんぴの幼虫は新しい名前を付けたましたが、けんぴが”クカ”にすると言うのでそれに決定しました。
Img_0990
 家に帰り、暗くするためにボトルのまわりを広告紙で包んでおきましたよ。
 夜になってボトルからカリカリとなにか音がするので見てみると、オスの”クカ”がボトルの側面をガリガリかじっていました。
Img_0992_3
 ”サクワバガタシ”の方もすでにボトル側面に食痕がみられるので二匹とも新しいボトルが気に入ってくれたようですね。
良かった。

|

« 続・え゜~雨漏り? | トップページ | 花壇フェンス交換完了 »

カブト・クワガタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442309/8392933

この記事へのトラックバック一覧です: オオクワガタ幼虫、菌糸ボトルに投入:

« 続・え゜~雨漏り? | トップページ | 花壇フェンス交換完了 »