« 花壇フェンス交換完了 | トップページ | エアフェスタ2007、ダッチオーブン料理 »

2007年10月20日 (土)

コクワガタ幼虫割り出し

 2週間ほど前にノコギリクワガタとコクワガタの産卵セットをチェックしたところ、卵や幼虫の姿が見られませんでした。
 そうしているうちにそれぞれ♂が★になり今年は幼虫をあきらめなければと思っていました。

 今日は最終確認して産卵セットをばらしてケースを不足しているカブトムシ用に転用しようと考えていたのですが・・・。
 まずノコギリクワガタのセットを新聞紙にあけてみてチェックしてみましたが、やはり卵や幼虫の姿は見られません。
 ただ、しぶとく♀が生きていたのでセットは元に戻しておいてあげました。
 冬を迎えれば死んでしまうのだから余生は快適な場所で送らせてあげたいですね。

 次にコクワガタの産卵セットを新聞紙の上に広げてみました。
 こちらもメスは元気に生きていましたよ。
 コクワガタは材に卵を産むのでセットしてあった産卵木を割ってみました。
 1本目は産卵痕も見られず、割ってみてもやはり卵も幼虫も見つけられなかったです。
 半分諦めながら2本目の産卵木を割ってみると・・・・・
 やったー!1令幼虫が2匹出てきました。
 1本目の産卵木は今年買ったものでちょっと硬くて気に入らなかったようですが、幼虫がいた産卵木は去年買ってあったもので水分の含み具合といい、硬さといいちょうど良かったらしいです。
Img_1007_2
 さらに産卵木を割って確認していくと最終的に幼虫7匹と卵1個を割り出すことが出来たのでとりあえず手持ちのプリンカップに複数匹の幼虫を入れておいて、あわててカインズホームにプリンカップを買いに行き、一匹づつカップに入れてあげました。
Img_1010_2
 コクワガタは越冬するので再びマットと産卵木をきれいにケース入れ ておきました。
 ♂1匹、♀2匹のうち生き残ったのは♀一匹だけですが、自然採取の固体だったので寿命だったのかもしれないですね。
Img_1012
 実家の倉庫には多頭飼育のカブト幼虫のケースが積まれていまする。
 一部のケースにはまだ生き残っている♀カブト2匹、♀ノコギリ、♀コクワが入っていますが、おまけで水槽には去年捕まえたザリガニもまだ一匹生きています。
 こいつも♀かな?
 ♀が強いのは人間(とーと&かーか家)と同じ?か・・・(^^;

|

« 花壇フェンス交換完了 | トップページ | エアフェスタ2007、ダッチオーブン料理 »

カブト・クワガタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442309/8526040

この記事へのトラックバック一覧です: コクワガタ幼虫割り出し:

« 花壇フェンス交換完了 | トップページ | エアフェスタ2007、ダッチオーブン料理 »