« 萩、津和野(マツダ視察研修旅行) | トップページ | ギラファの「コッパン」★に・・・ »

2007年10月27日 (土)

ギラファノコギリクワガタ引越し

 成虫で飼っていたノコギリクワガタの産卵に失敗して、子供が生まれなかったらギラファの幼虫を買ってあげると子供たちと約束していました。
 コクワの産卵は成功したのですが、ノコギリの方は失敗だったので約束通り10月中旬にオークションで格安で手に入れたジャワギラファの幼虫を、プリンカップからプラケースに移しました。
 1齢で届いた幼虫たちは1匹を除き2齢に大きく成長していましたよ。
Img_1192
 特に届いてすぐに2齢に脱皮した幼虫は、動きが悪く弱々しいので「ヨワシ」と名づけたのですが、いちばん大きく成長していました。
 いまだに1齢だったのはとーとが名づけた「マナビィ」です。
 「マナビィ」は小さいけれど元気がよいので心配無いですが、けんぴの名づけた「コッパン」がちょっと元気がなく心配です。
 脱皮して2齢になったばかりのようですが、牙(口?)がはっきりしていなで、なにか張り付いてしまっているような感じで苦しそうなのです。
Img_1205
 そのせいか何時までたってもマットに潜っていかないんです。
 もしかしたら累代が進み過ぎた影響で血が濃くなり奇形が出たのかもしれないですねぇ。
 なんせ産地以外の血統は全く不明の格安の幼虫だからしかたがないかな。
 それでも見ているとちょっとかわいそうです。
 

|

« 萩、津和野(マツダ視察研修旅行) | トップページ | ギラファの「コッパン」★に・・・ »

カブト・クワガタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442309/8661829

この記事へのトラックバック一覧です: ギラファノコギリクワガタ引越し:

« 萩、津和野(マツダ視察研修旅行) | トップページ | ギラファの「コッパン」★に・・・ »